愛おしい人間の存在を表現したい

Chie Aoki | 青木千絵

Urushi Sculpture Artist, Japan

 私の作品は、うつむいたり、横たわったり、座り込んだり、立ち尽くしたりと何処か物哀しいポーズをとっており、それらは等身大の人間の身体と抽象的な漆黒の塊が融合した姿をしています。そこには、不安や恐怖、心細さを感じながら、外界から遮断するように殻の中に閉じこもり、ただ静かに無言の中に存在する人の姿が表現されています。

 一方で、作品表面はしっとりとした艶を持つ漆黒の被膜で覆われています。その被膜は 30 を超える工程で仕上げられており、わずか 0.1 mm にも満たない薄い層を繰り返し積み重ねることで少しずつ堅牢さを増し、堅牢な表面となっています。その地道な工程は、外界から自分を守るシェルターを作る感覚に似ており、硬く美しい漆の表面が、弱くて醜い人間を逞しく美しい存在に変えてくれているかのようです。

​ 不安や孤独を抱えながらも強く逞しく生きる「愛おしい人間の存在」を、強くて美しい漆という素材を用いて表現したいと考えています。

経歴

2005

金沢美術工芸大学 美術工芸学部 工芸科 卒業

2007

金沢美術工芸大学 大学院 修士課程 美術工芸研究科 修了

2010

金沢美術工芸大学 大学院 博士後期課程 美術工芸研究科

工芸研究領域 漆・木工コース 修了 博士 (芸術) 取得

受賞

2005

​日本漆工奨学賞受賞

2019

​金沢・世界工芸コンペティション 優秀賞

展覧会

個展

2006

「青木千絵展」 ギャラリー手 (東京)

2007

「青木千絵展」 ギャラリー手 (東京)

2009

「青木千絵展」 ギャラリーアート・コンセプト (金沢)

2010

「青木千絵展」 ガレリア フィナルテ (名古屋)

2011

「URUSHI BODY」 INAX ギャラリー 2 (東京)

2017

「美術の中のかたち―手で見る造形 青木千絵展 漆黒の身体」兵庫県立美術館 (神戸)

2018

「孤独の身体」 現代美術 艸居 (京都)

グループ展

2006

「TAMA VIVANT 2006 今、リズムが重なる展」多摩美術大学ギャラリー(東京)、みなとみらい駅地下3階コンコース (横浜)

「第45回 北陸中日美術展」 金沢21世紀美術館 (金沢)

2008

「TAMA VIVANT Ⅱ 2008 イメージの種子」多摩美術大学ギャラリー (東京)、みなとみらい駅地下3階コンコース (横浜)

「金沢アートプラットホーム2008」 椿原天満宮、主催:金沢21世紀美術館 (金沢)

2009

「アートフェアULTRA002」 スパイラル (東京)

2010

「漆芸の未来を拓く―生新の時2010-」 石川県輪島漆芸美術館 (輪島、石川)

「第1回金沢・世界工芸トリエンナーレ」 金沢21世紀美術館 (金沢)

「会津・漆の芸術祭」 会津若松市 (会津若松、福島)

「漆 そのあたらしい表現を巡って」 喜多方市美術館 (喜多方,福島)

2011

「会津 漆の芸術祭 2011 YELL for TOHOKU 東北へのエール ― 紲 (きずな) ― 世界の女性漆アーティストからのメッセージ」 (会津若松/喜多方、福島)

2012

「漆・うるわしの饗宴展」 山脇ギャラリー (東京)

 京都市立芸術大学ギャラリー アクア(京都)、喜多方市美術館 (喜多方、福島)

2013

「HUBEI INTERNATIONAL TRIENNALE OF LACQUER ART 2013」湖北美術館 (武漢、中国)

2014

「ヒトのカタチ、彫刻」 静岡市美術館 (静岡)

2015

「豊穣なるもの」 豊川市桜ヶ丘ミュージアム (豊川、愛知)

「現代の美術作家4人展」 関市立篠田桃紅美術空間 (関、岐阜)

「うるしのみらい〜高橋節郎に続く人々」 髙橋節郎記念美術館 (安曇野、長野)

「現代の美術作家展」 みんなの森 ぎふメディアコスモス (岐阜)

「GIFU DNA ―玉井正爾と愉快な教え子たち―」 岐阜県美術館 (岐阜)

2016

「アートツーリズムへの発地」 THE SHARE HOTELS 金沢 (金沢)

「HUBEI INTERNATIONAL TRIENNALE OF LACQUER ART 2016」湖北美術館 (武漢、中国)

「金沢の現代工芸最前線」 金沢市立安江金箔工芸館 (金沢)

「蜘蛛の糸」 豊田市美術館 (豊田、愛知)

2017

「Hard Bodies: Contemporary Japanese Lacquer Sculpture」Minneapolis Institute of Arts (ミネアポリス,アメリカ)

「国際漆展・石川2017」 石川県政記念しいのき迎賓館 (金沢)

「すがたかたち Shapes and Figures — 『らしさ』 とわたしの想像力 — 」SPIRAL (東京) / ワコールスタディーホール (京都)

2018

「現代漆芸」 金沢市立安江金箔工芸館 (金沢)

「漆の現在2018展」 日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊 (東京)

「漆表現の現在 Vol.1」 日本橋高島屋6階 美術画廊X (東京)

「水と土の芸術祭2018」 旧齋藤家別邸、主催:新潟市(新潟)

「アート国際交流 中国交流展‐浓厚な聊天」 金沢市民芸術村 (金沢)

「MATERIAL×ART―工芸×アート―」」石川県立伝統産業工芸館 (金沢)

2019

「方法の発露2019 — 制作論の再検討 — 」 しいのき迎賓館 (金沢)

「現代工芸の展開2019」 金沢市立安江金箔工芸館 (金沢)

「第4回金沢・世界工芸トリエンナーレ」 金沢21世紀美術館 (金沢)

「ART021 Shanghai Contemporary Art Fair 2019」Shanghai Exhibition Center (上海、中国)

​コレクション

金沢美術工芸大学 (金沢)

Minneapolis Institute of Arts (ミネアポリス、アメリカ)

湖北美術館 (武漢、中国)

徳島県立近代美術館 (徳島)

MORIKAMI MUSEUM (フロリダ,アメリカ)

POLA 美術振興財団 (神奈川)

伊順芸術空間 (瀋陽、中国)

Contact Me

 © 2020 AOKI Chie.

  • Grey Instagram Icon

Chie Aoki | 青木千絵

Urushi Sculpture Artist, Japan